焼肉食べると下痢になる理由は…脂!焼肉で下痢にならない対策

スポンサード リンク

スタミナをつけたいときには最強の焼肉
とくにお店の焼肉は美味しいので、ついつい食べすぎちゃいますよね。

でも、焼肉を食べすぎると下痢っぽくなる方も多いです。
一体なぜでしょう。
今回は焼肉と下痢の関係について紹介します。

スポンサード リンク

■焼肉で下痢っぽくなる原因は『脂』

焼肉を食べて下痢になる一番の原因は『』です。
家で食べる場合はもちろん、お店の料理は相当の脂が使われます。
その脂が下痢の原因となっているのですね。

ではなぜ脂を大量に摂取すると、下痢っぽくなるのでしょうか。

■脂を分解しようと腸液がたくさん分泌されて、水っぽくなる

もうちょっと詳しく言うと、腸液が出すぎて下痢っぽくなるのです。

腸というのは、脂を分解するために腸液を出します。
通常量の脂であれば問題ありませんが、脂を大量に摂取すると腸液も大量に分泌されます。
この腸液が出まくって、水っぽい便になってしまうんですね。

便秘気味の人は適量の油を取るようにいわれますが、まさに胃腸の分泌のためなのです。

■焼肉で下痢っぽくならない対策

下痢っぽくならないためにはどうすればいいのでしょう。
下痢対策として、脂っぽくない料理も同時に食べるのがおすすめです。

例えばごはんサニーレタスを必ず注文しましょう。

こうすることで、焼肉を食べつつも
口の中がサッパリして、腸液の分泌もほどほどになります。
なおかつ肉以外の食品で満腹になりますから、結果的に過度な脂を取ることも防げます。

また、どうしても厳しいなら黒ウーロン茶でしょう。
いわゆる脂の分解を助けてくれる飲み物です。

お高い商品ですが、脂料理のお供には最適ですからね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加