牛乳の賞味期限は意外と短い!賞味期限が微妙だったときの活用

スポンサード リンク

スーパーでまとめ買いする牛乳
実は意外と日持ちしないんですよね。

特に一度開封したら、速攻で使い切るのがいいですよ。
今回は牛乳の賞味期限について紹介します。

スポンサード リンク

■牛乳の賞味期限は?

未開封なら『表記された賞味期限+1週間以内
開封済みなら『表記された賞味期限に関わらず、3日が限度』
というのが1つの目安といえるでしょう。

「牛乳は栄養が豊富」なんていわれてますよね。
たしかにカルシウムやたんぱく質が豊富ですが、それは雑菌が繁殖しやすいということでもあります。

■開けたらすぐ使い切る気持ちで

基本的に牛乳は、高温殺菌しているはずなので未開封ならば結構もちます。
私の周りに聞いても、未開封+1週間くらいなら問題ないようです。

しかし開封してしまうと、目にみえない雑菌が入り込み繁殖し始めます。
開封牛乳が「大丈夫」といえるのはせいぜい3日が限度かなと思います。

…とはいえ私の家庭では開封して1週間過ぎても、普通に飲んじゃってます。
味は落ちてるでしょうが、平気なんですよね。

開封後の賞味期限なんて、人の体質によりますし明確な基準はありません。
しかし、おおむね3日以内というのが目安でしょう。

■賞味期限が微妙だな…と思ったら加熱

臭いや味など明らかにヤバイのは廃棄しましょう。

ただし「飲めると思うけど…大丈夫?」と思ったら、火を通して加熱するといいですよ。
そうすれば雑菌も死滅しますからね。

また、カレーやシチューに入れてもいいでしょう。(火を通すので)
牛乳風呂に使うのもありですね。

こんな感じで、賞味期限が微妙なら一工夫して使ってみてください。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加