ヨーグルトの賞味期限は+1ヶ月で!賞味期限切れヨーグルトは加工用として

スポンサード リンク

健康に良い食品として愛されているヨーグルト
安いときにまとめ買いしたいものですが、賞味期限が気になりますよね。

今回はヨーグルトの賞味期限と、切れたヨーグルトについて紹介します。

スポンサード リンク

ヨーグルトの賞味期限の目安

未開封ならば『パッケージの賞味期限+1ヶ月以内
開封時は『パッケージの賞味期限に関わらず2日以内

というのが目安です。

 

そもそもヨーグルトというのは発酵食品です。
牛乳に乳酸菌などを混ぜて発酵させたものです。

 

この乳酸菌が他の悪い菌の繁殖を防ぐため、けっこう長持ちするんですね。
未開封であれば、賞味期限を過ぎても大丈夫だったりします。

未開封なら1ヶ月、開封なら2日以内を目安に判断

しかし、あまりに賞味期限が過ぎると味が損なわれます。
それに乳酸菌の性質も変化してきて、お腹を壊してしまう方もいます。

 

OKとNGとの明確な境目はありませんが、未開封ならば『パッケージの賞味期限+1ヶ月以内』までが良いと思います。
私の友人やネット上の声でも、1ヶ月以内なら平気という声がほとんどです。
(まれにお腹を壊す程度です)

 

ちなみに開封したものは、どんどん雑菌が入り込みますので早めに食べる必要があります。
開封したら2日以内に食べきるのがいいですね。

それ以外にも、あきらかに悪臭がするなら食べないほうがいいです。

微妙なら火を通して調理材料に

「開封して1週間経って…大丈夫そうだけど、ほんとに大丈夫?」
こんな感じで思っている方もいるでしょう。

 

どうしても気になるならば加熱して利用しましょう。
例えばホットケーキミックスにヨーグルトを混ぜて、お菓子にしてしまうんですね。
これなら悪い雑菌も死滅するので安全といえます。

 

ただし、乳酸菌も死滅するので『お腹の調子を整える』的な効果はありません。
こればっかりは仕方がありません。

 

大丈夫か判断が微妙に感じるまで、放置したことが悪いともいえますのでしっかり反省して、今後はヨーグルトを賞味期限以内に食べきるように心がけましょうね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加