葉生姜の栄養はコチラ、ジンゲロールやショウガオールなど含んでます

スポンサード リンク

新生姜の葉を取ることなく栽培して、収穫したのが葉生姜です。

ほかにも言い方があって、谷中しょうがと呼ばれたりもします。葉生姜というのは、よくスーパーで見かける根生姜とは異なり、葉の部分が成長をはじめて、かなり早い時点で収穫をするという、いわば早摘みしているものです。

葉生姜 栄養

そんな葉生姜ですが、栄養がしっかり含まれていますよ。次のような栄養があります。

葉生姜の栄養は…ジンゲロールやショウガオールなど含んでます

葉生姜の栄養としては、ジンゲロールやショウガオールの成分を含みます。

このジンゲロールやショウガオールは葉生姜栄養の一番の特徴といえますね。

 

冷えの改善、免疫力の上昇、吐き気や頭痛を抑える、コレステロール値を下げる…といった効果が期待できます。

 

口にするとわかるように、苦味に関しては少ないです。そのため栄養素としても、成分的に含有量はその分低下します。

ですが、真夏などは食欲が落ちる時期ですが、生で食べることのできる葉生姜というのは重宝します。口にしてみると、とてもみずみずしいです。また、口当たりも良いことから、食材としても好まれます。

葉生姜を生のまま食べると体を冷やすことに…

体温を上げてくれるという認識のしょうがではありますが、加熱しない生のままを食べると、逆に体を冷やす作用がありますから、真夏にも向いている食材と言えるでしょう。

逆に寒い時期での生食は適さないですね。

 

過剰に食べ過ぎないで、適度に食べれば、真夏の夏バテ解消にも役にたちます。

ハウス栽培もされているので、季節を問わずに食べることができます。ですがやはり、旬を迎える真夏のシーズンの葉生姜は、最も美味しく食べることができます。

旬ということで栄養もたっぷりですからね。

 

コチラもどうぞ

⇒葉生姜のおいしい食べ方はコチラ、オススメの料理も紹介

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加