100円玉重さはコチラ、そして意外とわからない表側と裏側も紹介

スポンサード リンク

100円玉の重さは4.8グラムです。

100円玉 重さ

1円玉の重さであれば1グラムですが、それ以外の硬貨の重さはわかりづらいですよね。
頻繁によく使う100円玉ですらわからないものですね。

そんな100円玉は4.8グラムなのです。
1円玉が約5枚分という具合です。

スポンサード リンク

最も軽いのは1円玉で最も重いのは500円玉、その重さとは…

ちなみに一番軽い硬貨はアルミニウムで構築された1円硬貨でして、重量はピッタリ1gです。
価値は1円ですので1g1円の単価ということです。

 

最高に重量のある日本の硬貨は500円硬貨で、その重さは7gです。(1円玉7枚分です。)
ニッケル黄銅にて構築されておりサイズも一番でかいですよね。

意外とわからない100円玉の表側と裏側とは…

100円玉 重さ

2015年の時点で作られている百円硬貨。
表側には「日本国」と「百円」、そしての表記がされています。
この桜が描かれているのがなんですね。

 

対して裏側には「100」という文字と発行された製造年にて構成されています。
デカデカと書かれた100というのは、実は側だったんですね。

 

別にわからなくてもなんという害はありませんが
覚えておくとちょっとした自慢になるでしょう。

 

ちなみに100円玉の側面にはギザギザがありますが、
あのギザギザは103個あります。

 

100円玉 重さ100円玉 重さ

桜が刻印されている現行の100円玉は1967年から発行されています。
それまでは稲穂がデザインされていました。(もっと以前には鳳凰が刻印されていました)

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加