布を使った油性ペンの落とし方を紹介、クレンジングオイルや消毒用エタノーを使いましょう

スポンサード リンク

皆さんは油性ペンが服にうっかりついてしまった、なんて経験はありませんか?

肌や床についてしまった油性ペンの落とし方は多くありますが、服につくとなかなか落ちなかったり落とし方を間違えてしまうと服の色自体も落ちてしまい、なくなく破棄をしなくては…ということになってしまいますよね。

油性ペン 落とし方 布

そうならないためにも、を使った油性ペン落とし方をご紹介したいと思います。

スポンサード リンク

布を使った油性ペンの落とし方を紹介、クレンジングオイルや消毒用エタノーを使いましょう

消毒用エタノールを布に含ませて汚れた部分にあててそっと優しく叩いてインクを浮き上がらせる、というのが昔から聞く落とし方ですが、

他にも併せてクレンジングオイルを使うのも一層汚れが薄くなり、服の素材やインクの付き次第では綺麗に落ちるんです。

 

クレンジングオイルに含まれている乳化剤、化粧品を落とすための素材が入っていると特に効果を発揮しますが注意点が一つ。

 

直接クレンジングオイルを塗ってしまうと今度は油染みができてしまうので、当て布をしっかりとし、直接ではなく布やスポンジ等にオイルを垂らして優しく叩いてください。

ある程度落ちてきたら、部分洗いをしてしっかりと油を落とした後に洗濯機で洗濯してみてください。

 

他にも、マニキュアを落とす除光液などでも効果はありますが、やはり直接塗ることは厳禁

優しく丁寧に油性ペンで汚れた場所を拭いてくださいね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加