ウルトラ怪獣散歩の第1話が初放送!評価や感想はイロイロ

スポンサード リンク

ウルトラマンでおなじみの怪獣たちが街を散歩する、『ウルトラ怪獣散歩』。
街の名所などを紹介する散歩番組に、一石を投じる番組となりそうですね。

 

2015年5月22日にCS放送で初オンエアとなりました。

 

そんなある意味では注目作な『ウルトラ怪獣散歩』。
見た方の評価はイロイロでした。

スポンサード リンク

見た方の評価で多かったもの

「怪獣の声で番組が進行してほしい!」

ウルトラ怪獣散歩

出演している怪獣はオリジナルのように、特徴的な鳴き声をしているのではありません。
芸人である東京03さんが日本語吹き替えをしています。

 

これには賛否両論でした。
オリジナルを知っている方は、元の鳴き声でやってほしかったようです。
ただ、平成ウルトラマン世代の方あたりは「こーゆーのも良い!」と評判でしたね。

 

 

「マニアックな演出がツボ!」

ウルトラ怪獣散歩

コアなファンからは、マニアックな演出が良いと評判でした。
たとえばグルメレポをメフィラス星人がちゃぶ台でやっていたり…
番組のシメのセリフが「宇宙人同士が争ってもしようがない」となっていたり…

怪獣の走り方がしっかり再現されていたり…

番組を知っている方はおもわずニヤリとする演出が入っていました。

 

 

「EDテーマがぶっちゃけすぎ!」


『ウルトラ怪獣散歩』のエンディングテーマがあるのですが、かなりぶっちゃけています。
どういうことかというと、撮影許可がなかなか降りずに苦労した事がEDテーマになっているんです。

そんな、特撮っぽくないEDテーマがシュールと話題になっているんですね。

 

 

はまる人には、とことんはまる!やっぱりおもしろい

ウルトラ怪獣散歩

散歩番組のゆるさと、ウルトラ怪獣のかわいさ、マニアックなネタが組み合わさった『ウルトラ怪獣散歩』。
その特異すぎる組み合わせで「シュール」とまで言われましたが、全体的な評判は良かったようです。

 

原作ファンからすれば吹き替えに不満があるようですが、これも新しいウルトラの世界と思えば楽しめると思います。
シリーズのDVD化が楽しみな『ウルトラ怪獣散歩』第1回目でした。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加