スタッドレスタイヤの寿命年数はこんな感じ、ブリジストン製など紹介

スポンサード リンク

冬場には欠かせないスタッドレスタイヤですが、意外と寿命というものがわかりませんよね。
劣化したスタッドレスタイヤを使い続けていると思わぬトラブルに成るケースも有ります。

スタッドレスタイヤ 寿命 年数

いわゆるスタッドレスタイヤの寿命年数ですが、決まった年数はありません。
ですが一般的には、約3年~4年と言われていますので覚えておくといいでしょう。

 

なぜなら3~4年(3シーズン~4シーズン)を過ぎると、タイヤのゴムが固くなり
雪道に食らいつくような柔軟性が失われるからです。

スポンサード リンク

スタッドレスタイヤは走行距離よりも経年劣化の影響が大きい

「あまり車は使わないから、そんなにタイヤの溝は減っていないけど…」
と思われるかもしれませんが、実は溝の減りはそれほど重要ではありません。

それよりも時間の経過による劣化が大きいのです。
例えば日光にあたっていると、ゴムは固くなります。
(カチカチの輪ゴムを見た経験はあると思います。)
これはゴムというものは使用したか未使用かは関係なく、劣化してしまうのですね。

 

他にも温度や湿度によっても劣化してしまいます。
スタッドレスタイヤは購入した瞬間から劣化が始まるのです。

ブリジストンもどこのメーカーも3~4年で買い換えるのがオススメ

このスタッドレスタイヤの寿命年数ですが、どのタイヤでも同一と言えます。
大手であるブリジストンさんのスタッドレスはもちろん、他のタイヤも同様です。

 

実際に雪道を運転していらっしゃる方も「3年くらいが限界かも」という意見が多いです。
「3年目のタイヤだとアイスバーンの坂道が登れなかった…」なんて経験談も…)

変にケチって万が一事故を起こしたら冬の寒い中、何時間も対応に追われるわけですからね。

 

こんな感じでスタッドレスの寿命年数は3,4年と覚えておくといいでしょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加