二十世紀梨の由来は…とある少年が育てた梨がミレニアムの年に話題になったから!

スポンサード リンク

二十世紀梨というユニークなネーミングの梨がありますが、名前の由来を知る方は非常に少ないです。

はたしてなぜ『二十世紀』という名前が付いているのでしょうか。

二十世紀梨 由来

今回は二十世紀梨の由来について紹介します。

スポンサード リンク

二十世紀梨の由来は…とある少年が育てた梨がミレニアムの年に話題になったから!

二十世紀梨という名前の由来や、品種が誕生した秘密などをご存知でしょうか。

現在、二十世紀はシェアのほとんどが鳥取県産の物で占めています。しかしもともとは、千葉県の松戸市で誕生した品種なのです。

 

今をさかのぼること、130年ほど前の明治21年に松戸市に暮らしていた、13歳の松戸少年が、なんと、ごみ捨て場に置かれていた、梨の苗木を拾ってきて、育てたことが由来なのです。他の梨と違った苗木だったので、じっくり育ててみたところ、10年後に実を付けました。

 

少年が育てた梨の実は、美味しいことで評判になりました。当時、1900年代に突入する、いわばミレニアムの時代でした。

将来日本全国に広がっていくだろう、という期待を込めて、農学校出身の渡瀬さんという方が、「二十世紀梨」という名前を付けたのです。その後、鳥取市の農家が苗木を購入して栽培したところ、鳥取の風土に合っていたのか、県内に広がりました。

 

これが二十世紀梨の名前の由来だったんですね。

固めのナシが好きなら食べて欲しい、珍しい国産梨

二十世紀梨 由来

二十世紀梨は、日本の梨の中では大変めずらしい、少し黄色が買った青緑色の、堅めの果肉で、さっぱりとした味が特徴の梨です。

 

昭和後期では、店頭で多く見かける品種でしたが、最近では貴重な品種となりつつあります。他の梨と違う風味、味から、ゼリーや、洋菓子などに使われることも多いです。

 

贈り物としてもぴったりという梨なんですよ。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加