ネクタリンのおいしい選び方や食べ方を紹介、おいしい選び方や食べごろ

スポンサード リンク

桃に似た果物のネクタリンは、選び方や食べ方、保存方法を知っておくと役に立ちます。

基本的には桃のように考えて大丈夫ですよ。

ネクタリン 食べ方

今回はネクタリン食べ方や選び方を紹介します。

スポンサード リンク

ネクタリンのおいしい選び方や食べ方を紹介、おいしい選び方と食べごろ

まず選ぶ場合には、全体によく色づいたもの香りがあるものを選びます。また、表面に縦にはいったミゾが浅いものが美味しく食べることが出来ます。

 

そして食べごろもありますよ。

ネクタリンは桃と同じように、おさえてみて少し柔らかくなっていてよい香りがする頃が食べ頃です。

ネクタリンには大きな種があるためむき方にコツがあります。ミゾに沿ってナイフを一周させ、両手でひねると種から実がきれいにはなれます。マンゴーのむき方と同じです。その後、皮をむき食べやすい大きさにカットをして食べます。

 

ネクタリンのおいしい食べ方や保存方法について

食べ方は、生のままでも、デザートにトッピングをしても、料理に使っても、美味しく食べることが出来ます。様々なお菓子や料理に使ってみると、ネクタリンによって新しい世界が開けていきます。

とはいうものの、食べごろのネクタリンは生で食べるのがおすすめですよ。(マンゴーみたいに)

 

よく熟したネクタリンは、あまり日持ちはしません。なるべく早めに食べることを心がけます。

 

それまでは乾燥を防ぎパックのままラップ等で包み、冷蔵庫の野菜室で保存をすると安心出来ます。まだ硬いものや、香りが弱いものの場合には、室内のなるべく涼しい場所に置いておきます。熟してくるのを確かめて冷蔵庫で冷やし美味しく食べます。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加