生くるみの食べ方を紹介、塩をふったりサラダのトッピングがオススメです

スポンサード リンク

くるみは栄養価が高い食品で、手軽に摂取することができます。食べ方は生と、ローストとの2通りがあります。

生くるみ 食べ方

生くるみは非常に味が淡白ですが、ゆっくり味わって噛むと、くるみ本来の旨みを感じることができます。

本来であれば生そのもので食べるのがベストです。

 

しかし、その淡白な味のため、そのままでは食べづらいという方もいるでしょう。

今回は生くるみ食べ方について紹介します。

スポンサード リンク

生くるみの食べ方を紹介、塩をふったりサラダのトッピングがオススメです

そのまま食べることが苦手な方でも、シンプルに塩を振ったり、サラダやコーンフレークなどにトッピングしたりすると食べやすくなります。

 

トッピングなどをしても生くるみのままでは食べづらいという方は、ローストをすると香ばしくなり、生よりは食べやすくなります。

また、乾燥させていない生くるみは、カビが繁殖されやすいので、食品の安全性を考えるという観点からもローストしたほうがよいですが、そうすることで栄養価が多少なりとも変化します。

ローストすると栄養価が減るが生くるみの食べ方が広がる

ローストしたくるみはビタミン類が減り、たんぱく質は凝固しやすく、酸化しやすくなりますので、栄養価を考えると本来であれば、生のまま生くるみを食べることがよいです。

ローストされたくるみは香ばしく、あえ物などのお料理やお菓子つくりのトッピングなどに使うことができます。

 

ということで、栄養を考えたら生くるみをそのまま食べる。(塩をふったりサラダにいれてドレッシングで食べる)

保存性や使い勝手で言えばローストして食べる。

これが生くるみの食べ方といえます。

 

くるみはのレパートリーは工夫次第で広がりやすい食品なので、食べ方を自分なりにアレンジしてみるのも楽しいでしょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加