もやしの賞味期限は3日が限度、余ったもやしは賞味期限切れ対策を!

スポンサード リンク

冷蔵庫の中で眠っているもやし
何日前に買ったか覚えてないと、食べるのに勇気が要りますよね。

 

はたして食べて大丈夫なのか、賞味期限切れるとどうなるのか。
今回はもやしの賞味期限について紹介します。

もやしの賞味期限は…せいぜい2~3日が限度

もやしの賞味期限は長くて2~3日と言われています。
出荷状態によってはスーパーに並んで1日しか持たないようなもやしもあります。

 

なので買ったらすぐに食べきるようにしましょう。
もやしは野菜の中でも水分を多く含んでいるので、悪くなりやすいんですね。

もやしの賞味期限切れを自力で判断するには

『何日前に買ったか忘れた』『3日前だけど大丈夫?』
という方は見た目で判断するしかありません。

 

まず、もやしの色が茶色になっていたらアウトです。
鮮度が落ちている証拠です。

 

また、袋のなかに水が溜まって酸っぱい臭いがしてたらアウトです。
もやしは酸味のある野菜ではありませんのでね。

 

このようなアウトになったもやしは、未練を残さず捨てちゃってください。
今後の経験に生かしましょうね。

もやしを余らせないで使い切る方法

せっかくなので、もやしを悪くさせないを覚えましょう。
もやし使った惣菜を作るのです。

 

もやしは生だから日持ちしませんが、調理加工するとそれなりに長持ちします。
上手に惣菜にすれば、1週間はもったりします。

 

ネットでは美味しい惣菜レシピもありますので、コレを機に参考にしてみるといいでしょう。
⇒【クックパッド】でもやしの惣菜レシピを見てみる

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加