水下痢時の食事で大事なのは水分!早く治すための食事を紹介

スポンサード リンク

こちらのページでは水下痢時の食事を紹介しています。
水下痢でお困りの方は参考にしてみてください。
水下痢時の食事
何を食べればいいか、また食べてはいけないものも紹介します。

水下痢時の食事で大事なのは水分!早く治すための食事を紹介

水下痢のときは食事よりも、水分補給に気をつけることが大切です。

本来吸収する水分を排出しているため、脱水症状になってしまう危険性もあるため、水ではなく白湯、番茶、常温のスポーツドリンクなどで水分を補給し、胃腸の調子を整えていきます。

 

胃腸の調子が整い始めた後の食事としては、消化のいい物から食べ始めることがおすすめです。おかゆやうどん、野菜スープ、みそ汁にヨーグルト、果物などを徐々に食べていくことによって水下痢を改善するのに最適です。

 

このとき、よく噛むことが大事です。消化能力が弱っていますので、胃腸が栄養を吸収しやすい状態にしてあげるのです。

 

また、食物繊維の多いきのこやネギ、レンコンやじゃがいもなどの食材は逆に負担となってしまうため、負担のかからない煮込んだニンジンやキャベツなどの食材を取り入れることが良いとされています。

スポンサード リンク

そもそも水下痢とは…原因はウイルスなど

便の形をしておらず、水分量の多い下痢を水下痢といいます。「尿が出てくる場所、間違ってない…??」と不安になるくらい、水が出るんですね。

 

下痢は腸の運動が過剰になることによって消化物が早く通過し、腸内で水分を十分に吸収できなくなってしまいその水分と便が混ざることによって便が緩くなり症状が引き起こされます。

 

水下痢になる原因は、ウイルスや細菌、食中毒や食あたりなどによって引き起こされる急性胃腸炎が多いとされています。また、ストレスや過敏性腸症候群などによっても引き起こされます。

 

心当たりがあるかたは今後の教訓にするといいでしょう。

覚えがない方は手洗いうがいをはじめ、食事に気を使うところからはじめてみましょう。

 

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加