メロンパンの由来は複数あり、『見た目説』と『言葉の変化説』があります

スポンサード リンク

パン屋にはあんぱんやカレーパンなど様々な種類のパンが売られています。その中で高い人気を誇るのがメロンパンですね。

表面が甘いクッキーのようなものに覆われているパンで、最近では専門店があるぐらい人気が高いです。

メロンパン 由来

また、本当にメロンが入っていたり、クリームが含まれたものなど工夫を凝らしたものが様々に存在します。そんな多くの人々から愛されているパンですが、1つ疑問があります。それはメロンが入っているわけでもないのに、なぜメロンパンと呼ばれているのかということ。

スポンサード リンク

メロンパンの由来は複数あり、『見た目説』と『言葉の変化説』があります

実はメロンパンの名前の由来複数の説が存在します。1つは見た目から名づけられた説です。

 

表面が網目状になっていて、その模様がメロンの表面と似ていることから名づけられたという説です。たしかに独特の形をしておりメロンのようにみえますものね。

 

2つ目はメレンゲパンのなまりという説です。

当初は表面の生地はメレンゲで出来ていることからメレンゲパンと呼ばれていたのですが、それがなまってメロンパンと聞こえたことから名づけられたという説などがあります。これも有力な説です。

 

このように本当の名前の由来ははっきりしていないのが現状です。どちらの説が正しいかは分かりません。

由来はわかりませんが、メロンパンは多くの人から愛され続けるパンだということは言えるでしょう。

できたてのメロンパンは外カリ中フワでおいしいですからね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加