目がチカチカして光が見えるときは…原因や対処法を紹介

スポンサード リンク

目に突き刺さるほど眩しい光ではないにもかかわらず「なんだか眼球がチカチカする。」と感じた経験はないでしょうか。
実は、両目がチカチカした後にちょっとした頭痛を感じるようであれば、閃輝暗点(せんきあんてん)という状態であるといえます。

目がチカチカして頭が痛いケースの半分くらいはこの閃輝暗点(せんきあんてん)と言われています。

 

ところが、チカチカするのみで、その後に頭の痛みを感じないときは、異なる病気が想定されます。

多くの場合「コレでしょ」といわれるような病気とされているのは「光視症(こうししょう)」という名の病気です。

スポンサード リンク

光が見えるような目のチカチカは光視症かも?光視症とは。

光視症とは、目にの光線がガンガン浴びている、いないにも関係なく、キラキラ・チカチカというような輝きの点滅を覚えたり、明るくない部屋でいきなり稲光という感じの輝きが見えるような現象のことです。

 

この現象は目の中に存在する硝子体とよばれる部分の動きにより、網膜に負荷がかかることによって引き起こされる病状です。

光が見えるような目のチカチカの原因?光視症の原因とは

光視症の原因ですが、飛蚊症(視界にゴミのようなものが飛ぶような症状)とよばれるようなものと同じです。
網膜剥離と叫ばれているものが起因してもたらされる病状の一つです。

 

主として年をとるにつれて生じる後部硝子体剥離に併発して発生することが多いと言われています。

 

要は年齢を重ねることで目の中の膜が剥がれたりするのですが、
それが原因ということですね。
(もちろん、光視症のすべてが網膜剥離というわけではありません)

光が見えるような目のチカチカはどうすればいい?

可能であれば眼科にいって症状を伝えて、検査を受けましょう。
原因を特定してもらうのです。

 

チカチカといっても単なる疲労が原因のこともありますし、
自然と元に戻ることもありますので経過観察していくことになります。

こればかりは原因を特定しないとわかりませんからね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加