クルーネックとは…あの職業が元になっている洋服のことです!

スポンサード リンク

秋冬のファッションラインに欠かせないクルーネックのニットやカットソー。

実際にショップや雑誌などで目にする機会が多いですが、そもそもクルーネックとはどのような特徴を持っているものなのでしょうか?

クルーネックとは

今回はそんなクルーネックについて紹介します。

スポンサード リンク

クルーネックとは…「船員=クルー」が着ていたような丸いネックの服

V字のラインはVネック、U字のラインはUネック…と言うように、ネックラインの形によってトップスは呼称が異なります。

クルーネックは元々船の乗組員が着ていた丸首のセーターが元となっています。

そのため、「船員=クルー」のネックライン、というところから、クルーネックの名がつきました。

クルーネックの上手な着こなし方とは

この丸いラインが特徴的なトップスですが、意外と着こなしが難しくチャレンジするのを躊躇っている方も多いようです。

それと言うのも、首元が詰まって見えるために首が太く見えてしまったり、老けて見えてしまったりと女性にとってはあまり嬉しくない効果を及ぼすことがままあるからです。

 

そんなクルーネックを上手に着こなすポイントをご紹介しましょう。

クルーネックを上手に着こなすポイントは…キレイ目のシャツをINする

秋冬に取り入れたいニットなら、首元が詰まって見えないように、

綺麗めのシャツをINして着ることで、顔周りをシャープな印象に仕上げてくれます。

 

その上でペンシルラインのスカートを履けば、女性らしい印象に。

細めのスキニーボトムを合わせれば、デキる女コーデでかっこいい印象になります。

ビジューネックレスでゴージャスっぽさを出すのもアリ

シンプルなTシャツを着る場合には、流行りのビジューネックレスがおすすめです。

おおぶりなネックレスをつけることで、もっさりしがちな首元を華やかに演出してくれます。

 

こんな感じで初めての方はコーデを工夫することで、クルーネックの弱点を補うことができます。ぜひお試ししてみてくださいね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加