きくらげの栄養は…ビタミンDや食物繊維、鉄分やカリウムなどが豊富にあります

スポンサード リンク

炒め物や麺料理など、中華料理でおなじみの食材であるきくらげ

外食した際に料理に入っていたら食べるけれど、わざわざ自宅では使わない…なんて方も多いのではないでしょうか。

きくらげ 栄養

どのように調理したら良いかあまり分からない、というものありますし、あくまで付け合わせでそんなに栄養もなさそう…と思われている方が多いようです。

スポンサード リンク

きくらげの栄養は…ビタミンDや食物繊維、鉄分やカリウムなどが豊富にあります

そんなきくらげですが、実は女性に嬉しい栄養素をたっぷり秘めていることをご存知でしたか?

きくらげにはビタミンDや食物繊維、鉄分やカリウムなどが豊富に含まれています。
ビタミンDはカルシウムなどの吸収を良くする効果があり、不足してしまうと骨粗しょう症など骨のトラブルを招きやすくなる、とても重要な栄養素。

近年の研究ではがんの予防にも効果があるとされ、再注目を浴びている栄養素のひとつです。
同じくビタミンDが豊富に含まれる紅鮭などと比べても、きくらげにはおよそ13倍のビタミンDが含まれているのです。

ということで、きくらげには骨粗しょう症やがん予防の効能が期待できるのですよ。

便秘解消にも一役買ってくれる、きくらげは女性のみかた!

言わずと知れた便秘に効く食物繊維や、貧血予防に効果的な鉄分もたっぷり含まれていますが、鉄分に関しては茹でると減少してしまいますので、ほうれん草などと合わせて食べるとより効果的です。

きくらげは、多くの女性を悩ませる便秘や貧血などに効果的なパワーを秘めた食材であると言えますね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加