TV番組バイキングで使われた『カタナ女子』が不評…「審神者でいいじゃん」の声が

スポンサード リンク

2015年5月27日に放送された、TV番組バイキング
番組内にてDMMが提供するゲームの『刀剣乱舞』を楽しむしょこたん。

 

そんなしょこたんのように『刀剣乱舞』に熱中する女性を、番組内では『カタナ女子』という呼び名で紹介されていました。
しかしその『カタナ女子』という呼び名が、既存のユーザーからはかなり不評のようです。

スポンサード リンク

「審神者でいいじゃん」という声が多数

刀剣乱舞

「カタナ女子じゃなくて、審神者でいいじゃん」といった声が多くあがりました。

審神者というのは『刀剣乱舞』プレイヤーの役職のことです。
要は『刀剣乱舞』で遊ぶプレイヤーのことです。

 

『刀剣乱舞』で遊んでいる女性の間では、すでに審神者という呼び名が浸透していました。
なのでテレビの『カタナ女子』という呼ばれかたに、違和感を感じたのでしょう。

 

また、○○女子という言葉自体に、ネガティブな印象を持っている方もいらっしゃいます。
(スイーツ女子、肉食系女子、歴女などなど)

 

そんなこんなで、テレビの『カタナ女子』という言葉に不評の声が上がったようですね。
もし知り合いに『刀剣乱舞』を楽しんでいる女性がいたら、『カタナ女子』なんて呼び方をしないほうがいいかもしれません。

 

なお、SUZUKIのバイクではありません。

SUZUKI カタナ

「カタナといえば、SUZUKIのバイクでしょ!」
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

残念ながら、そっちのカタナではありません。
「SUZUKIのカタナが女性に人気」ということなら、嬉しいニュースなのですけどね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加