『悔恨の念』の意味とは…過去の行いに対して悔やんだり反省を思うことです

スポンサード リンク

悔恨の念(かいこんのねん)の意味は、
過去の行いや言葉に対して悔やんだり反省を思うことです。

 

例えば
「感情にまかせて無駄遣いしてしまって…悔恨の念にかられてます…」
「いままで人生の時間を浪費していたと、悔恨の念をいだいています」
というように、過去を振り返って反省している時に使いますね。

 

日常ではなかなか聞きませんし、
堅い言葉遣いなのでわかりづらいですが覚えておくといいでしょう。

スポンサード リンク

『悔恨の念』の類義語とは

ちなみに類義語としては【残念の気持ち、自責の念、 悔い、 後悔、 思い残し】といったものがあります。
類義語をみてみれば、イメージしやすいですね。

 

あまりポジティブな言葉ではありませんので、
なるべく『悔恨の念』とは縁の少ない人生にしたいものです。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加