糸こんにゃくの保存方法や賞味期限、冷凍の糸こんにゃくについても紹介

スポンサード リンク

煮物やいろんな料理で役立つ、糸こんにゃく。

 

様々な料理で使えるので大量ストックしたくなりますが、糸こんにゃくの保存はどんなものなのでしょうか。どのくらい保存ができて賞味期限はいくらなのでしょう。また、長期保存として活用されている冷凍保存は大丈夫なのでしょうか。

 

今回は糸こんにゃく保存賞味期限、そして冷凍について紹介します。

スポンサード リンク

糸こんにゃくの保存、賞味期限について

開封前の糸こんにゃくの保存方法は基本的には冷蔵保存が向いています。冷蔵庫にいれて保存しましょう。凍らせる冷凍保存は基本的におすすめしません。後述しますが食感が変わってしまうためです。

 

また、糸こんにゃくの賞味期限はものにもよりますが30日から90日ぐらいと言われています。半年間はまず腐らないとも言われています。というのも、糸こんにゃくのパックに入っている水はアルカリ水で殺菌作用があるため非常に長持ちするからです。

 

開封して余った場合、開封後は糸こんにゃくのパックなどに入っていた水をタッパー等に移してふたをして冷蔵庫に入れておきます。(パックの水は殺菌作用があり菌による腐敗を防いでくれるからです。)もしパックの水を捨ててしまった場合などは、普通の水を使い定期的に水を交換しておくといいでしょう。

 

さすがに開封した後は長期保存はできません。開封後の賞味期限は一週間から一ヶ月程度と言われています。
なるべく早く使い切りましょう。

糸こんにゃくの冷凍保存は?

糸こんにゃくを冷凍すると解凍後水分が抜け出てスポンジ状になり食感もかなり変わってしまいます。まるでもずくのような食感になります。また水につけても元通りにはなりません。ですので糸こんにゃくの食感を求めるなら冷凍して凍らせるのはやめておきましょう。

 

しかし最近は冷凍した糸こんにゃくを使った料理法などもあり、おいしく楽しめます。方法は糸こんにゃくを軽く塩もみなどしたあと2分ほど茹でてアク抜きをします。ざるなどにとって水を切ったあと冷ましてフリーザーパックなどに入れて冷凍しましょう。

 

解凍は自然解凍もしくは流水で解凍し料理に使うときは必ず手でしぼり余分な水分をなくしておきましょう。
賞味期限は一ヶ月ほどです。

 

料理では食感が肉っぽくなることや味がしみこみやすくなることから唐揚げなどに肉の代わりに使用されたりもするそうです。

⇒【クックパッド】で冷凍糸こんにゃくのレシピをみてみる

数は少ないですが冷凍糸こんにゃくは、こんな使い方がありますよ。

糸こんにゃくのパック

⇒【楽天】で糸こんにゃくをみてみる

⇒【Amazon】で糸こんにゃくをみてみる

 

はい、ということでまとめますと

  • 糸こんにゃくの保存は冷蔵保存で。
  • 糸こんにゃくの賞味期限は未開封だと30日から90日ぐらい。(実は半年くらいは大丈夫)
  • 開封した糸こんにゃくの保存は、パックに入っていた水を再度容器に入れて保存。パックの水を捨てた場合、普通の水でも可能。
  • 開封した糸こんにゃくの賞味期限は1週間~1ヶ月くらい。
  • 冷凍糸こんにゃくは食感がかなり変わる。冷凍糸こんにゃくを細かく切ってひき肉代わりにも。

という感じです。参考にしてみてください。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加