2種類の葉生姜の保存方法を紹介、冷蔵保存と水コップ保存

スポンサード リンク

シーズンになるとたくさん出まわる葉生姜。

使い切れない場合は保存のとなりますが、意外と葉生姜の保存方法ってわからないですよね。

葉生姜 保存

今回は葉生姜保存について紹介します。

スポンサード リンク

保存に適した葉生姜の選び方

まず保存しやすい(新鮮な、質のいい)葉生姜を買うことから覚えていきましょう。

葉生姜の選び方ですが、生姜に葉が付いているものの、葉っぱの部分を食べるのではなく、成長を完了させる前の根の部分を食べることになります。
根の部分がスクスクと成長して、収穫をして市場へと出荷されるものが新生姜となります。

葉生姜を選ぶ際には、根の部分をチェックして、サイズが小さいものを選択しましょう。

葉生姜というのは、根のゾーンは真っ白であること、そして茎の付け根を見て、ピンクの色合いが濃いほどに、良質なものとされています。

葉生姜を購入したら冷蔵保存をしてみる

新鮮に保存をするためには、根の部分と葉の部分とを切り離します。

根の部分は新聞紙に包み、葉の部分はビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存をします。

この方法であれば、2日ほどはよいですが、味わいとしては若干ダウンします。

葉生姜の保存のベストは水コップに保存する

葉の部分もしなりますので、早めに食べるようにすることです。水を入れたコップを用意して、そこに差して置くという方法は、新鮮さを維持するにも良い方法です。

水を入れたカップに葉生姜を差した場合であれば、1週間くらいはフレッシュな状態も維持しやすくなります。

基本的に低温と乾燥には弱いという面がありますから、保存は適温の状態で行うのが理想です。コップに差した保存は向いています。

 

こんなかんじで葉生姜を上手に保存してみてくださいね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加