誤嚥性肺炎の原因とは…気管に食べ物などの異物入ってしまうのが原因

スポンサード リンク

人間は気管に食べ物が入らない様に空気と食べ物を分ける事ができますが、時には誤って気管に入ってしまう事が有ります。

それらは胃の中に入れば食べ物として栄養源になりますが、気管に入ってしまうと単なる異物にすぎません。

誤嚥性肺炎 原因

そういう異物が原因で肺炎になってしまう場合を誤嚥性肺炎と呼びます。要は気管に食べ物が入ってしまうのが誤嚥性肺炎の主な原因です。

スポンサード リンク

誤嚥性肺炎の原因とは…気管に食べ物などの異物入ってしまうのが原因です

一般的には若年者に比べると高齢者に起きやすい症状となっています。

また、抵抗力などが下がっている人や、脳血管障害がある人も誤嚥を起こしやすい傾向です。
既に気管への異物混入が誤嚥性肺炎の原因と言う事は分かっているので、まずはそれを起こさない事、これが最低限の予防法です。

 

そこで重要な事は、気管に万が一異物が入ってしまった場合はすぐに外に出すという事が重要となります。
自力で出せる場合は良いのですが、そうではない場合は病院に行って診てもらう必要があります。
また周りに人がいる場合はうつぶせになって背中を叩くなどすると取れる場合も少なくありません。

 

食べ物を食べる時は出来るだけゆっくりと、そしてしっかりと飲み込む事が重要です。

かき込むような食べ方をしてしまうと、どうしても誤嚥の可能性が高くなってしまいます。
しっかりと噛む事、落ち着いて食べる事、こういった事に気を付けるだけでも誤嚥性肺炎は防ぐ事ができます。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加