チアシードは一歩間違えると危険!安全に食べる方法とは

スポンサード リンク

チアシードはダイエットの強い味方として、注目されていますよね。
ところが、食べ方を間違えると非常に危険なのです。

これからチアシードを購入する方は、安全のためにもぜひ覚えておいてください。

スポンサード リンク

アメリカで、チアシードを飲んだ39歳の男性が病院へ運ばれる

2014年、チアシードを摂取した男性が病院へ運ばれるニュースが流れました。

 

病院で検査したところ、なんと肥大化したゲル状のチアシードが食道をふさぎ、窒息状態を引き起こしていました。
このゲル状のチアシードは非常にやっかいで、窒息を治すための治療法が効きませんでした。

 

最終的にお医者さんは、子供用の胃カメラを挿入してグイグイ押し込んで治した、ということです。

非常に原始的ですね(^^;

チアシードは水分を吸収して、大きなゲル状になる

実を言うと、チアシードは非常に水分を吸収する種なのです。
その量は自分の重さの、27倍ほどの水分を吸収するといわれています。

 

先の男性は種状のチアシードを食べて、直後に水を飲んでいたのです。
そのため、水分を吸収して大きくなったチアシードが窒息を引き起こしたのでした。

危険を回避して、安全にチアシードを食べるには

種を食べる前に、水分を十分に含ませるのが正しい食べ方になります。
これなら体内でブルンブルンに大きくなることもありません。

 

そして、よく噛むことも重要です。
日本ではお餅やゼリーがのどに詰まる事故が発生していますが、このチアシードも例外ではありません。
これまでにのどを詰まらせた経験がある方は特に注意しましょう。

 

さて、このように正しく食べればチアシードは美容ダイエットの強力な味方になります。
ほんの少しの量で満腹感と栄養を得られるわけですからね。

 

チアシードを初めてなら購入する方は、種よりもチアシード配合の食品のほうがいいかもしれません。
「牛乳と混ぜるだけ」的なものなら、体内で肥大化の危険性も回避できますからね。

たとえばこういうのとか人気でオススメですよ。

⇒『8種のベリー+チアシード』に牛乳を混ぜるだけ!

⇒『ホワイトチアシード』今だけお得な+1個プレゼント!★おすすめ★

食べ方を守って、理想の体を目指してみてください。

以上、チアシードは一歩間違えると危険!安全に食べる方法とはでした。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加