ワインに合うブルーチーズの食べ方を紹介、お手軽なのでお試しください

スポンサード リンク

コクがあって、独特のピリッとした風味がたまらないブルーチーズ。近頃では、ロックフォールやゴルゴンゾーラなど、日常的に手に入りやすいものも増えています。

ブルーチーズ 食べ方

小さく切ったりクラッカーに載せてワインとともに食べるのは最高ですね。
でも、それだけではなく、ちょっとした工夫で色々なおいしい食べ方ができます。

中でも、ワインに合うブルーチーズ食べ方をいくつかご紹介しましょう。

スポンサード リンク

ワインに合うブルーチーズの食べ方を紹介、お手軽なのでお試しください

ブルーチーズ 食べ方

「ブルーチーズとナッツの蜂蜜がけ」
ナッツは、くるみやアーモンド、ピスタチオなど、なんでもかまいません。
あまり細かくなり過ぎないように砕いて、小さく切ったチーズと混ぜます。

そこに蜂蜜をかけて完成です。
蜂蜜の代わりにメープルシロップにするとスイーツ感が増しますよ。

 

 

ブルーチーズ 食べ方

「ドライフィグのブルーチーズ詰め」
大きめのドライフィグ(干しイチジク)に切り離してしまわない程度に深く切り目を入れ、チーズを挟みます。
簡単ですが、ぐっと味わい深くなります。

 

 

ブルーチーズ 食べ方

「ブルーチーズペンネ」
生クリームとブルーチーズをフライパンで温めてソースを作り、茹でたペンネをまぜあわせて塩こしょうで味を調えます。
チーズの塩気があるので、ものによっては塩を入れなくても大丈夫です。おこのみでベーコンとか粉チーズを足しても美味しいですよ。

 

このように、ほんの少しの手間で食べ方のバリエーションが広がります。
ぜひ試してみてください。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加